つるまーの怪文書置き場(仮称)

怪文書的なことを書く

ボイスオーディションや総選挙が終わったので感想を書いていきたい

こんばんは。

まず初めに今回の記事は説明を極力省いていきます。よって筆者のTwitterマストドンを見ている人、アイドルマスターシンデレラガールズをプレイしている人以外にはわかりにくい記事となっていますが置いていきます。ご了承ください。

あと所々乱暴な言い回しだったりするのでそういうのが苦手な方は黙ってこのタブを閉じるか、戻るのボタンをクリックしてください。では。

 

まずはボイスオーディションと総選挙、お疲れさまでした。

総選挙から触れていくと戦前の予想通り、北条加蓮さんが1位に輝くという結果におわりました。筆者は9年前に見てたアニメで好きだったキャラの声優が渕上舞さんだったこと、初めて引けた限定SSRが加蓮だったこともあるので(あとソロ2曲目のFrozen Tearsがめちゃくちゃ好き)思い出の強いアイドルが栄冠に輝いたことをうれしく思っています。担当Pのみなさん、おめでとうございます。

 

私の担当アイドルは小日向美穂を除いて今回も圏外、まあ51位という言い方をするんでしょうけど、我々なりに、彼女たちなりの頑張りはあったと思うので、出し切ったかなというところです。美穂こそ次回は上位を狙える位置につけているので、なんとか押し上げていきたいなと思っています。

あとは副担当に入れた久川颯の圏内もうれしいところです。

 

話をボイスオーディションに持って行きたいと思います。

今回応援していたのは担当の八神マキノ、副担当の西川保奈美、松原早耶を中心に、あとは知り合いの担当やちょっと気になるアイドル、愛知県出身アイドルに投票していきました。

ボイスオーディションは3位までの発表で、1位には2018年に追加された新アイドル、辻野あかりさんが輝きました。諸事情あったので1票入れていたのですが、その力に少しでも慣れたと思うとこちらもうれしいですね。担当Pのみなさん、おめでとうございます。

 

話を担当に移していきたいと思います。今回は八神マキノのことです。

八神マキノは前回の総選挙までの8回中、第5回に50位にランクインしてからの4回連続で圏内をキープし、前回は中間から順位を落としたものの全体21位、Coでは9位という位置にランクインしていた。

個人的には今回のようなボイスオーディションは毎回やるようなもんじゃないなあと思っていないので、大チャンスと捉えていた。

しかし、結果は御覧の通りである。ここからは個人的な主観で感じたことを書いていきたいと思っている。所詮、"ゲームを楽しんでるだけのいちユーザー”のくだらない戯言として聞き流してくれても結構である。

 

1.ブームが作れなかった。

今回優勝した辻野あかり、は昨今の「たべるんごのうた」ブームの波に乗ったのが一番の勝因であろう。過去にもMAD動画のネタやSNS上のネタからどんどん波が広がり、投票企画などでアイドルを後押しした例もある。八神マキノにそれはあったのだろうか?内輪ではあったかもしれないけど、結局それ内輪の話だから、外に出さないと意味がないのではないか?

 

2.「それ全員言われてんぞ」みたいな紹介

まあこれはマキノに限った話じゃないんですけどもね。

この1か月、まあその前からもであるが、アイドルの担当Pにはダイレクトマーケティングのための画像を作って、やりとりする文化がある。これはTwitter上などで筆者も散々言ったが

 

・実は面倒見がいい

・実はかわいい一面もある

・実はCuにもPaにもCoにもなれる

 

いや、全員それ言われてるから。

 

マキノに当てはめると「マキノ先生!」などと橘ありすや今井加奈にしんげきの劇中で言われていたり、SSRの画像内でニューウェーブと勉強していたりする絵だとかもあったし、かわいい一面と言ったらパフェを食ってるSRの絵やデレステ営業コミュの中で甘いもの好きなのが垣間見えたりとか、まあかわいいよね。

そこから先の紹介が欲しいんですよね、他のアイドルとか見てるとそうだもん。

結局そこで何かが足りなかったんじゃないか?と感じた。

 

3.俺たちは"横"の意識が無かったのではないか?

まあ、これを書いたら多分「お前が言うんちゃうぞボケッ!」などと言われてしまうでしょうね、Twitterアイマス関連の人のフォロー絞ってますし。これは他の担当にも言えますしね。前にも誰かが書いてましたけど、結局「せっかくのチャンスだからボイスオーディションに突っ込む」という戦略を最初から広めておけばもっといい結果だったのでは?と感じました。3位までしか発表はされませんが、運営には4位以下のデータが全部行ってることを考えるとボイスオーディションの票数に応じて今後の展開が変わるかもしれない。そう一人ひとりが意識することが大事だったのでは?という感じです。結局、担当同士のつながりがモノを言うのでは?と思いました。

 

4.サプライズに頼るな

頭の中に「ランクインできなくてもそのうちサプボ来るっしょ~」みたいな考えがどこかにあったんじゃないか。ということです。実際、総選挙で上位にギリギリ入れなくてもCDデビューやアニメ・ゲーム内でサプライズのボイス実装はありますしね、でもサプライズって頼るものなのか?電車でも無いんだし、待ってれば来るみたいな考えはいい加減捨てるべきでしょう。

 

以上、まあ所詮ゲームのいちユーザーの戯言と思ってくれて結構です。結構乱暴に書きましたし。

まあ7割ぐらい自戒を込めた文章だったんですけども、どう感じるかは各々にお任せしたいと思います。

最後になりましたが今回担当アイドルに投票してくれた方々、一緒に戦ってくれたアイドルと同担の皆様に御礼申し上げたいと思います。

次回のライブとかそういう時には交流もしていきたいなあと思いますので早く世界が平和になってほしいと願っております。

 

乱文雑文になりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

次回こそは一つでも先に向かいましょう。

わかんねえ

こんばんは、ということで今日は4月18日です。

本来であれば今日、旭川で起床し、稚内遠征をゴールする予定でしたが、今は名古屋の自宅でこの記事を書いています。

大体例のウイルスのせいです。

 

今回の遠征を無期限延期するという決断に関しては次の理由があります。

1.そもそも緊急事態宣言中に遠征なんかしていていいのか

一番大事だと思います。むしろ今、世の中がヒリついている中で気軽に遠くに行って遊んでたらめんどくせえ奴にTwitterで絡まれる未来しか見えない。

 

2.仮に感染した場合に周りにまき散らすリスク

専門家は「若者が無自覚のうちにウイルスをまき散らす」と言ったことで、「若者を悪者にしているのか!」などと怒りの声が上がりました。もちろん私もそう思いましたが、仮に職場の人間や家族、仕事でどうしても触れ合わないといけない人などにうつした場合を考えると延期せざるを得ない。と思いました。

 

3.東京オリンピックの1年延期

そもそもこの企画の大前提は「東京オリンピック」なんですよね。オリンピックも1年先に伸びたことで今年中にゴールする必要がない、つまりこの遠征自体が「不要不急」になってしまったということです。

 

今後どうするべきか

ここで前回の記事に書いたことを再びここに書きたいと思います。

 

Q2:万が一2020年までに宗谷線廃線、または災害で大きなダメージを受けて不通になったり、ダイヤ改正で特急のみの路線になってしまった場合は?

A2:災害等で普通になり、代行バスになった場合は代行バスで、無い場合は高速バスなどで稚内に向かうことになります。大前提として稚内に向かうことが目的なので、途中で打ち切ることは99%無いと考えてます。

 

今回は「稚内に行くこと」が目的です。つまり今回は中止ではなく延期です。

しかし大前提のオリンピックが延期になった以上、今回のルールも変更しないといけません。もちろん、使用できる列車のルールなんてのは変えるつもりがありません。

 

現在の選択肢は3つあります。

1.2021年7月23日までのゴールを目指す。

2.仮に中止になった場合、企画自体を葬り去る。

3.中止になっても"招致はできた"ので企画を完了させる。(期限は無し)

 

1に関しては一番ベターな選択肢だと思います。ただ、現状終わりのないこの状況では難しいと思っていますので、確率は半分半分ぐらいです。

2は今のところ1割ぐらいは頭の中にあります。正直中止になって企画が消えても「どうせお前稚内にそのうち行くやろ」と自分に言い聞かせてるので…まあ無いでしょう…

今のところ現状が変わらなければ3になると思います。しかしこの3つに共通することは、現状の使用列車のルールは全く変える気が無いということです。それだけはご理解いただきたい。

 

どちらにしろ、現状では稚内遠征も、その次に考えている企画も始められないので、1日も早い終息を願っています。

f:id:trm_f:20200418070801j:plain

と言うわけで今回はここまでです。次の稚内遠征は千歳線南千歳駅からです。

ありがとうございました。

稚内ルール遠征で書き忘れたことを書く

こんばんは、書くことが最近無かったのですが、ちょっと書き忘れてたことを思い出したので書きたいと思います。

 

前回の記事でもお伝えした通り、鶴舞稚内の旅を分割して行っていますが、そういえば別のブログに細かいルールを書いて記事にしてたのですが、諸事情あって消したのでここに書き直します。

ここではQ&A方式で書きたいと思います。

 

Q1:列車が不通になって振り替え輸送代行バス輸送になってしまった場合は?

A1:代行バスに関してはその区間の乗車券があれば乗車でき、特に種別も明記されていないので問題ないものとします。振り替え輸送に関しては振替路線でも普通列車のみの乗車可とします。

 

Q2:万が一2020年までに宗谷線廃線、または災害で大きなダメージを受けて不通になったり、ダイヤ改正で特急のみの路線になってしまった場合は?

A2:災害等で普通になり、代行バスになった場合は代行バスで、無い場合は高速バスなどで稚内に向かうことになります。大前提として稚内に向かうことが目的なので、途中で打ち切ることは99%無いと考えてます。

 そもそも海峡線(→北海道新幹線)に普通列車が無いため現状普通列車だけで本州から北海道に向かうことは不可能ですが、18きっぷには特例乗車のルールがあります。北海道新幹線もそうですが、万が一宗谷線が特急のみの路線になってもこのルールを独自に当てはめたいと思います。

 

Q3:18きっぷのみを使用するつもりですか?

A3:今のところは18きっぷしか使用していませんが、普通の乗車券を使うケースも今後あると思います。あくまでも18きっぷのルールに基づいて行ってるので必ず18きっぷで行くという必要は無いです。

 

Q4:ゴールできなかったらどうしますか?

A4:その時は笑ってもらって結構です。意地でもゴールするつもりなので。

 

こんな感じです。まあここまで書きましたけど、自分がルールなのでこれ以上の指摘等は致命的な欠陥以外はスルーしますのでご理解いただければと思います。

 

2018年8月31日現在では鶴舞~(中央線)神田~(東北線秋葉原と672.9km進みました。あと2年を切りましたが頑張りたいと思います。

f:id:trm_f:20180901025228j:plain

ではでは。

稚内まで普通列車で行くやつ、やります。(ただし)

こんばんは、まあ前回は電車に閉じ込められた話を書いたのですが。

あの続きは駅発車直後に立ち往生して、そりゃねーわってJR西の指令にキレてたってだけの話なので記事にするまでもねーなって感じでした。

 

というわけで本題。

まあTwitterとかでたびたび掘り返される話題なのですが、私には「東京オリンピックの招致が決定したら普通列車鶴舞から稚内まで行く」という負債が残っています。

 

まあ仕事も安定してきたので2020年の開会式の日までには行けるかなって感じで居たのですが、いろいろ問題も浮上してきました。

 

問題① 職業柄、長期間の休みが取れない

まあ、これに関してはツッコミがあるでしょうがね、うるせえ。って感じです。

最短ルートで考えても最低5日間、帰りを含めると6日間もまとまって休みは取れそうにないのが現実なんですよね。

 

問題② 寄りたい場所が案外多い

鶴舞から稚内までの間にまあまあ行きたい場所が多いんですよね。

これをある程度拾っていくと1週間ぐらいにはなりそうな気もしてくる。

 

問題③ そもそも、本当に実現可能か?

ルール上(俺がルールだ)、使用できるのは普通列車(ここで言う普通列車とは18きっぷで乗れる列車なので勉強しようね)だけなので、津軽海峡は?という指摘をいただきましたが、これに関しては18きっぷと同じルールで新幹線使用可能にしました。

使えたところで時間が掛かるのは変わりない。

 

まあこれらの問題をギュっと合わせると

「時間がない」「ついでにやりたいことが多すぎる」の1つになります。

 

さあここで思い出してください。

私は一言も「一気に行く」なんて言ってないのです。

 

ということで・・・

東京オリンピック記念!鶴舞稚内普通列車の旅」は分割して行うことにしました!

 

ここで設定するルールは

① 前述のとおり、使用できるのは18きっぷで乗車できる普通列車

② ①のルールを適用して乗車する区間稚内ルール適用区間とする

③ 稚内ルール適用区間外に関しては急行・特急も使用可能とする。

④ ゴールは稚内駅、東京オリンピックの開会式が行われる2020年7月24日とする。

 

ここで言う稚内ルール適用区間の説明、例に挙げるとこんな感じです。

1日目、鶴舞駅をスタートし、普通列車を乗り継ぎ2日目午後にA駅に到着。

ここで名古屋に一旦帰ることになりますが、ここからは区間外として急行・特急列車を使用して名古屋に帰ることができ、(ここも出来るだけ普通列車を使用します)次の稚内行きに出るときは名古屋~A駅の移動に急行・特急を使って行くことが可能とし、A駅から再び普通列車の旅スタート。って感じです。

 

これを繰り返して行って最終的に稚内まで行きたいと思います。

つまり間はブツブツと切れるでしょうけども確実に「鶴舞稚内」を普通列車の線で結ぶ。ということが出来るわけです。

 

2年後の夏にゴールすることになるので今年の夏の遠征で稚内ルールを適用して関東に向かいます。

関東でも出来るだけ遠くの駅まで普通列車を使って行きたいと思います。

 

まあいろいろ書きましたが、やるってことは決めたのでよろしくお願いします。

ゴールできなかったら… まあ笑っといてください。

 

ではこの辺で、ご覧いただきありがとうございました。

電車に閉じ込められた話①

こんばんは。

 つい先日新潟県で大雪により電車が15時間立ち往生をしたことが大きなニュースになったが、筆者も今までに数回同じような事態に遭遇したことがある。

その中でも特に覚えてるものを2つ、ここに書き記したい。

 

 今から7年前、高校2年生の時に合宿で山陰地方へ向かった時の事である。

 名古屋から新快速などを乗り継いで広島に着き、2日目は山口線を走るSLSLやまぐち号日本海側へ抜ける行程だった。

f:id:trm_f:20180115032346j:plain

この日乗車した広島発新山口行き普通列車

この日の広島県内は早朝から雨、さらに山口県も雨によって列車は10分ほどの遅れ新山口駅に到着した。

ここで聞かされたのは「山口線が雨により大幅な遅延が発生している」ということであった。

f:id:trm_f:20180115032910j:plain

 そして昼食で「ふく寿司」を購入し、ホームで待つこと20分ほど。ようやく車両が入線した。この時点ですでに遅れは30分ほど、そこからさらに30分以上停車し、結局SLやまぐち号1時間以上の遅れで新山口駅を発車した。

f:id:trm_f:20180115033509j:plain

SLやまぐち号の牽引機 C57 1号機 阪神大震災で被災したのち奇跡の復活を遂げた機体である。

 ここから先SLは山口駅湯田温泉駅などでさらに長時間の足止めを食い、3時間以上の遅れで走行した。

f:id:trm_f:20180115035424j:plain

山口駅で一旦改札の外に出て撮影した列車案内。撮影時刻は12:29である。

f:id:trm_f:20180115040241j:plain

列車行き違いのため停車した宮野駅。この駅での停車がかなりの遅延を引き起こした。

 しかし、この時は乗車していたのがSL(筆者は営業路線のSL・客車列車に乗車したのが初めてだった)だったこともあり、お客さんも大半が「まあ、いいか」という感じであり、むしろ長時間SLに乗れることを楽しんでいるように感じた。

f:id:trm_f:20180115034204j:plain

筆者が乗車した「展望車風客車」 背もたれが高く、ゆったりした座席だった(現在は別の車両で走行している)

 列車はほぼ3時間遅れで仁保駅に到着、ここでSLは坂を登るのに備える準備をするためさらに長時間停車(これは通常運行時もしている)した時には大半の乗客が煙を上げるSLの様子を見て盛り上がっていた。

f:id:trm_f:20180115034459j:plain

勾配に備えて準備をするSLと、ここぞとばかりにSLを撮影する乗客たち。

 その頃車内では途中の山口駅から乗車した保線作業員と車掌がずっとこの先の状況を連絡しあっており、乗客の盛り上がりとは正反対な光景も見ることが出来た。

f:id:trm_f:20180115040321j:plain

SLやまぐち号最後部の展望デッキ、筆者はトンネルに入った時に居たため痛い目に遭う。

 結果的にSLやまぐち号は3時間の遅れをほとんど回復することなく、終点の津和野駅に到着した。

f:id:trm_f:20180115034750j:plain

津和野は島根県である。みんな覚えよう!

 津和野で観光を楽しもうと思っていた人にとっては気の毒かもしれないが、筆者は結構楽しんでしまった「缶詰状態」のSLやまぐち号の旅だった。

この後筆者ら一行は目的地の出雲市に向かう予定だったが、後続の乗車予定だった普通列車益田行きが運休になってしまったため、本来は益田から乗車する予定だった特急スーパーおき4号(こちらも約2時間の遅れ)に乗車してなんとか出雲市に向かった。

f:id:trm_f:20180115040625j:plain

この日、益田~出雲市は団体乗車券での利用であり、車掌にも事情を説明した上乗車している。(指定席券は益田からだったので益田までは自由席乗車となった。)

f:id:trm_f:20180115035045j:plain

車窓から見た日本海は昼間の悪天候からは想像できないほどの穏やかさだった。

 この当時はかなり疲れ、筆者も予定していた一畑電車の乗車をキャンセルしてホテルでぐっすり休んでいた。

 しかし、今になって振り返るとかなり貴重な体験であり、いい思い出だったと感じている。

f:id:trm_f:20180115040742j:plain

この日の指定席券。

 しかしこの2日後、また同じ状況に遭遇することになったのである。

f:id:trm_f:20180115041125j:plain

次回につづく。

計画を立てない旅を一度してみたい

こんばんは

突然ですが皆さんは旅行をしたことがあるだろうか。

ほとんどの皆さんはまず「行き先」を決めてそこから「食べたいもの」「見たいもの」「泊まるところ」などを決め、そこから手段を考えるはずだ。

f:id:trm_f:20180110045227j:plain

中には行き先だけ決めてあとは行き当たりばったりの旅をする。というのが好きな人もいるだろうが世間一般的に旅というのはまず「計画」が存在する。

 

ここからは筆者が夜中にTwitterをしてて思ったことだが、もしこの「計画」を抜いて旅をするとどうなるのだろうか。ということである。

自分なりに考えてみたルールは次の3つだ。

  • 手段は公共交通機関のみとする。
  • 行き先を決め、それまでの移動で下調べはなるべくしないことにする。
  • 「日数を決めない」というのは現実的ではないので期間は最大で5日間とする。

f:id:trm_f:20180110045119j:plain

「5日間」というのはこの旅を青春18きっぷを使って行うことを想定しているからである。

 

正直言うと筆者はかなり計算して計画を立てるタイプである。

 

「ここの駅にはコンビニがありそうだから長めに時間をとる」「この列車にはトイレがないから手前の駅で済ませる。」など色んなことを想定して計画を立てるタイプなので、こういう行き当たりばったりの旅は得意ではない。

しかし、一生に一度でいいからこんな旅をしてみるのもいいかもしれない。もしかしたら何か違う発見が生まれるかもしれない。

 

「俺は毎回こういう旅してるぞ!」という人はぜひコメントで感想を書いたりしてほしい。(乞食)

 

眠い中書いてるので雑な文章になりましたが今回はここまでです。

はてなブログをはじめました。

初めましての人は初めまして、そうでない人はこんばんは。

つるまーという者です。

元々ブログを持っていますが長文になりそうなやつはこっちに書きたいと思います。

よろしくお願いいたします。